元死にかけ30代女子のネガティブループ脱却劇

かたづけをきっかけに死にたいマインドから抜け出した30代女子のブログ

片づけがはかどるおすすめコミック本3選。断捨離後のモチベーション維持にも。

f:id:yamii-san:20190525220046j:plain

カジュアル投資家

やみーです。

 

私は2年半ほど前まで 

 

ゴミ屋敷と呼ばれてもおかしくない

部屋で生活していました。

 

しかし、

今は人並の程度の

部屋になれたと思っています。

 

きっかけは

こんまりさんの片づけの本です。

 

本を読むことで人は変われます。 

 

今回は

私が定期的に読んでしまう

片づけの本の内

 

コミックタイプの本を

3つ紹介します。

 

  

1、ダメな自分を認めたら部屋がキレイになりました


 

「スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました」

「やめてみた。」の著者でもある、わたなべぽんさんの本です。

 

部屋の状態は

自分の思考が反映されるため

 

片づけは自分との対話

 

というのがよくわかります。

 

特に料理本の話のところは

自分の本棚も同じ現象になっていたので

 

スキル系の本の断捨離するために

とても役立ちました。

  

2、片づけられない女のための こんどこそ! 片づける技術 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片づけられない女のための こんどこそ! 片づける技術 [ 池田 暁子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/5/25時点)

楽天で購入

 

片づけに着手した初期に読みました。

 

部屋の様子が

私の実態に近いかったので

 

とても共感でき、

入り込めました。

  

「使いたいときに

 見つからなかったら

 ないのと一緒」

 

この言葉は片づけを始めて

「こんなとこにあったんだ」

と発見するたびに実感しました。

 

3、わたしのウチには、なんにもない。


 

なんにもないから気持ちいい。

 

この「なんにもない」のお話は

シリーズ化されていて

現在8冊程出版されています。

 

「リメンバーオベヤ」

の合言葉で頑張れます。

 

具体的な片付け手法については

あまり書かれていな為

 

私の中では

モノが少ないことがいかに素晴らしいか

という読み物的な立ち位置です。

 

最後に

今回紹介した本は

 

「ちょっと片づけさぼってるなー」

 

と感じた時に

読み直しています。

 

文章じゃない分

情報量は少ないですが、

 

サクサク読めて

視覚的にインパクトがあり

 

ゴミ屋敷時代には

絶対戻りたくないと

モチベーションが上がります。

 

 

「片付けの本を読みたいけど

 文字を読むのが苦手・・・」

 

という人はコミックから

入ってみるといいかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。