元死にかけ30代女子のネガティブループ脱却劇

かたづけをきっかけに死にたいマインドから抜け出した30代女子のブログ

福袋がお得だという洗脳。

f:id:yamii-san:20190717203411j:plain
カジュアル投資家

やみーです。

 

あなたは

「福袋」買いますか?

 

福袋といっても

いろいろあり

 

服・食品・雑貨から

家電の福袋など

 

正に

「なんでもあり」って感じで

とってもお得になるものが多いです。

 

しかし、

 

福袋には

「落とし穴」

があるのです。

 

 

福袋を買ってしまう理由

皆さんは

なぜ福袋を買いますか?

 

私は

 

「得をしたいから」

 

「何が入っているかわからない

 わくわく感を楽しみたいから」

 

この2つが理由だと

思っています。

 

私は

実店舗に行くよりも

 

ネットで福袋を

買う比率が高く

 

ネットだと

すぐに手に入らないため

 

相乗効果として

家に届くという状況が

 

さらに

わくわく感を倍増させます。

 

 

福袋で一番多いのは

中身のわからない

 

服の福袋

 

この服の福袋は

みんなこぞって買いますが、

 

注意しなければ

 

とてつもなく

厄介ごとを呼び寄せるのです。

 

福袋開けた後・・・

福袋を買って

中身を見て

 

「〇〇円得した!」

 

「めっちゃ可愛い!」

 

などひとしきり

楽しんだあと

 

冷静になって

入っていたものを見てください。

 

「それ、

 お店に並んでいたら買いますか?」

 

おそらく買わないと思います。

 

もちろん

 

本当に欲しかったモノが

入っていることも 

可能性としてはありますが

 

本当に稀だと思います。 

 

そして

福袋で買った服

 

全て使うかと言われると

なかなか難しいです。

 

自分の気に入らないものが

いくつか入っていたり

 

むしろ

 

使えるものが

全く入っていない

 

なんてこともあります。

 

 

もちろん金額を見れば

お得かもしれません。

 

しかし、

 

使わないものに

お金を使うぐらいなら

 

数が少なくても

使うものを買うべきです。

  

福袋というアトラクション

1年半程前に

友人と福袋を買いに行きました。

 

「服が10点入って1万円」

 

という

 

金額的にはかなりお得な福袋。

 

しかし

福袋に入っていたものの内

 

実際に着たのは

たった一着。

 

しかも

色があんまり気に入らない。

 

後はタンスの肥やしになり

 

着ていた服もあわせて

今シーズンで

全てお別れの予定です。

 

 

「福袋は買った時に

 役目を終えている」

 

私はそう思っています。

 

なので

この福袋買ったことは

 

友人とアトラクションを

楽しみに行った

 

と思っています。

  

それか

中身がわからないから

 

「自分へのプレゼント」

 

ということでも

いいかもしれません。

 

まぁ、

結局いらなかったんですけどね。

 

福袋に罪はない

福袋が悪

というわけではありません。

 

私もこれから先

福袋を買う可能は

充分にあります。

 

某コーヒーショップとか。

 

だた、

中身がわからない服の福袋は

 

二度と買わない

 

と決めています。

 

その理由は

 

着ない服に

場所もお金も使うのは

もったいないから

 

そして、

 

1年半程前に福袋を買ったのは

片付けの後のことです。

 

私は

心底後悔しました。

 

なんせ、

 

ゴミ袋10個分の服を捨てたのに

 

またいらない服を

家に持ち込んでいる。

 

その事実にショックを受けました。

 

そして、

それを実感したことで

 

「二度買わない」

 

という決意が生まれたのです。

 

 

私がゴミ袋10個分の服を捨てた話はこちら。 

www.yamii-san.com

  

最後に

人の価値観はそれぞれです。

 

福袋で新しい出会いがあることが

楽しみだという人もいますし、

 

「このブランドの服は

 全て私の好み!!!」

 

という人には

福袋は本当にお得だと思います。

 

ただ福袋買って

「そういえば使っていない・・・」

という心当たりがある人は

 

今一度

福袋を買う意味を

考え直して欲しいと思います。

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。